• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お勧め
UTAU/大貫妙子&坂本龍一
2010-11-10-Wed-17:30 コメント : 0
教授の既存の楽曲に大貫妙子さんが詩を乗せ歌うアルバムが本日発売。
タイトルはそのものずばり、「UTAU」
*試聴はコチラ

既存の楽曲ではあるけれど、詩に合わせて教授がピアノを奏で、
大貫さんが歌い、そして教授がリミックス。
二人の個性が融合し、新しい個性が生まれ、新しい曲が生まれた。
そんなアルバムです。

穏やかな冬の日差しの午後、しんしんと降る雪の日、一人静かに過ごす夜。
どんなシーンにも似合う静かな楽曲の数々に心が癒されます。
光一さんのソロコンが終わって、侍が終わって、
そしてSHOCKが始まるまでの間。
ささくれて痛む心を落ち着かせるための一枚としてお勧めです。



===

以下は、Gの新曲感想。
拍手のお返事もあります。


先日、Gの新曲を聞きました。
酷いと聞いていたけれど、本当に酷かった。
あんなもの合作でも何でもない。


合作とは、教授と大貫さんのようにお互いを尊重しあって作るもの。
"UTAU"のジャケットは二人背中を向けて離れて立っているけれど、
楽曲を聞けばそこに深い信頼関係があるのを感じられる。
だから、わざとらしい記号のような姿を晒す必要なんて無い。

大貫さんは教授の"koko"という曲を「3びきのくま」というタイトルに変え、
宇宙の中での人と人の絆を歌ったけど、それは壮大で素敵な「歌」だった。
一方、光一さんの隣の人が書いたものには、
「火星」の文字はあっても宇宙は感じないし、
絆どころか、独りよがりの押し付けがましい自己愛しか感じない。
そもそも、日本語が破綻している。

光一さんの曲は頑張った成果もあってそんな酷い言葉が並んでいても、
まだ聞けるものだったけど、言葉が乗らない曲は、あくまでも曲。
「歌」なんかじゃない。
光一さんの曲だけを聞いた方がきっと無言の「歌」に聴こえる。

そんな酷い曲を聞いてGファンは何に感激して泣いているのか分からない。
それが分からない自分で良かったけど、
光一さんが巻き込まれるのが不愉快でしょうがない。

才能ある人と合作出来ていたら、どんなに素晴らしいものを作れたか。
光一さんの楽曲の素晴らしさはその人の詩と共に世に広まったのに。
そう思うと残念でしょうがない。

たとえ光一さんが作ろうともこんな曲を買う人の気がしれない。
一枚売れれば、合作アルバムに一歩近づくことになるのに。
あんな曲のクレジットに光一さんの名前が乗るのは今だけ。
そう言われても悔しくてしょうがないのに、
またそんなことがあるかもしれないなんて嫌。


合作作るんだ。ふーん。勝手にすれば。
そう思っていたけれど、あまりの歌詞の酷さに、
そんな気持ちは消し飛んで、冷静でいられないくらい腹が立ちました。
無念としか言いようが無い気持ちで押しつぶされそうになります。

本当に、どうしてこんなGに縛られなきゃいけないのか。
悔しくてしょうがないです。
一刻も早く解散してくれることを切に、切に望みます。


===


>11月6日 13:13の方
小田さんの歌は一部分だけですが、あの時の気持ちに合いますよね♪
大分のレポはツイッターのまとめで代用してしまいましたが、
友人が細かいレポをイラスト付きで書いているので、
是非、そちらをご覧下さいませ♪
"Link"から飛べます(^_^)


>エフさん
NHKの番組で光一さんへの「好き」の気持ちがが再燃されたとのこと、
そんな方はもしかしたら多いのかな?と思えて嬉しくなりました。
エフさんの12年振りの光一さんのステージと、
私の1年振りの光一さんのステージ。その意味合いは違っても、
もしかしたら同じくらいの驚きがあったかもしれません。
光一さんは毎年、素敵に成長していつも期待以上のものを見せてくれます。
想像を超えたところにいつもいてくれます。
その一方で、隣の人は・・。Gそのものは・・。
仰る通り、今が想像出来る12年間でしたね。
今後もそんな年が続かないよう祈るばかりです。

エフさんは既にコンサートに参加されたとのこと。
12年間の光一さんの時間は一秒も無駄にならずステージに凝縮されるので、
あの素敵な空間で光一さんの姿を見た瞬間、
光一さんを好きでいた時間の長さは関係なくなりましたね(^_^)
神戸では私も明日から神戸に参りますので、一緒に素敵な時間を過ごしましょう♪


>Shikiさん
いつもご覧いただきありがとうございます♪
大分でのあのタイミングでのかけ声は本当に良かったですよね。
「ソロコン最高!」の言葉と、割れんばかりの拍手。
私も便乗させていただき「最高!」と叫びました。
神戸も頑張りましょう!光一さんが望む声は私達の声なんですから。
「このようなステージに立てるように皆さんの気持ちをぶつけて欲しい」
そう言ってるのは「ソロコンのステージ」だけなんですから(^_^)
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。