• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
僕が1人のファンになる時
2011-01-21-Fri-16:59 コメント : 0
まだ手にしていない人がいるから内容には触れないけれど、
光一さんの文章は誠実で潔くて、気持ちが良くて、切なかったです。
でもその切ない潔さがあるからこそ、
「堂本光一」という人をエンターティナーとしてだけじゃなく、
人間としても好きなんだな・・と実感。

とにかく、光一さんの言ってた通り光一さんの人生観や、
仕事に対する姿勢が本当によく分かる一冊でした。

だからこそ、この本を読んでF1にもっと興味を持つ人が出て欲しいです。
だって、過去のF1の話も分かるようになればより一層、
光一さんの言葉の深さが分かるから。

F1を知っているからこそ、
自分の中にある光一さん像が間違っていないと確信を持てたし、
私達光一ファンが望む展開が夢では無いという希望も見えた。

とにかく光一さんの本を読んで、F1の過去と現在を知って、
F1を見続けて数年後にまた本を読んでみて下さい。
光一さんの言葉の数々の深さが違いますから。
今からF1を追いかけても十分間に合います。

最後に。
「あとがき」にある光一さんの顔がとても好き。
内面と容姿のバランスがこれほど取れていて
こんなにも美しい人は他にいません。私の中では。
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。