• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ポポロは後輩君達に「王子様」として選ばれているのが読みたくて購入。
同業者で頑張っている(であろう)人達の憧れの的になっているのは、
読んでいて嬉しいし、楽しい♪

ただ、肝心のSHOCKの写真はTVnavi・ポポロ共に私的にはイマイチ。
脳内に焼き付けられた光一さんの姿に追いついていないからなんだけど、
そこに追いつけってのも酷な話か・・。

でも、それを思うと去年出た写真集の出来は素晴らしい!!
と、再びページをめくる。
あぁ、格好良い・・。
こんな写真集をライブでも出してくれたらいいのにな。
ブルーレイと写真集、そしてライブ音源のDL(教授みたいに全公演)。

事務所はお金を落とすファンにもっと寄生しようよ。
ありとあらゆるものを生産するの。
光一さんの容姿と作品ならメディアミックスもしやすいって。

雑誌雑感から大きく離れたので軌道修正。
ということでGRANDPRIX Special
スッピンジャージの光一さんがとにかく格好良い。
働く男前。そして内容も面白い。
光一さん、オブラートに包んだ物言いだけど辛口なんだもの。
自分の好きなフェラーリだからこそ言えるんだと思うけど、
でも、その辛口が面白い。うん、そうそう!って感じで。

来月号も楽しみだなー。
ピレリの摩耗率が高いことが判明した現在、
そのことについてどんなコメントをするのか興味深いです。

あともう一冊は東京カレンダー
人情食堂に続いて月刊の方でも光一さん登場。
和の風景に佇む姿が純文学から抜け出たようで、見惚れるばかり。

帝劇を設立した渋沢栄一や大倉喜八郎の時代にタイムスリップしても、
光一さんなら彼らの前でしっかり演じることが出来る。
そして拍手喝采を浴びる。そう思わせるような品格にも溢れていました。

でもそれはやはり帝劇で培われたもの。
帝劇の空気が光一さんに品格を与えたと言っても過言ではない、
光一さんのこの言葉からも、私はそう思います。

「セリだなんだのって舞台装置的なことを含めて
帝劇がどこより勝っているとか、そんな記号じゃあない。
長い歴史のなかで、素晴らしい役者の方々が演じてきたものが
刻まれている良さたちが相まって出来上がった空気感だと思います」

(株)ACCESS発行:東京カレンダー2011年4月号より抜粋

ただその空気感はその場に立ったら誰もが簡単に纏えるものでもないと思う。
日本で一番由緒正しい劇場の長い長い歴史の重みを、
光一さん自身がしっかり理解し、かつ、その重みに屈すること無く
「お客様の為に」日々精進してきたからこそ纏えたもの。

そしてその空気感は帝劇を離れても光一さんの内面に潜み、
いつの日か溢れ出るまでに至り、
雲間の鶴の如き美人になったんだろうな・・と真夜中に思うのでした。

============
鹿鳴館や初期帝国ホテルを舞台にした映画に出て欲しいなーと、
渋沢栄一&大倉喜八郎繋がりで妄想しつつ、オヤスミナサイ。



以下、拍手お返事です。
>maiさん
オリスタブログは掲載基準が本当によく分からないですよね。
私も最初は駄目でしたが、その後に書き直したものは掲載されました。
オブラートに包んではいるものの、ソロ以外は要らないという主旨は、
誰が見ても分かるものだったんですけどね(^_^;)
一つ一つ読んでるといいながら適当なんじゃ?と思ってます。
明らかなアンチのコメントも載っていたので。
(それは勿論、削除要請をしてきちんと消されたのを確認済み)

ところで、私も光一さんの気持ちを、
はっきりとした言葉で知りたいというのは本音としてあります。
でも、数字を見れば一目瞭然の今だからこそ、
光一さんは絶対に口にしないだろうな、とも思います。
ただ、言わないことこそが答えじゃないかとも思うんですよね。
インタビューの端々に見える光一さんの言葉は、
昔と今を比べると明らかに違って来ているので、
敢えてそれを全て繋ぎ合わせるようなそんな言葉は不要なんじゃないかな、と。
光一さんが自分のファンを信頼してくれているのは
去年のソロコンで十分分かったので、暫くは光一さんが「次の段階」に行くのを
待っていようと私は思います。歯がゆいですけどね(^_^;)


>ロッソさん
おやつコロッケのCMは東北はまだなんですね(T_T)
PCでは見られますが、やはり大きな画面で見たいですよね。
早くそちらにまで王子が辿り着くよう祈ってます。
(おやつカンパニーに要望を出しておきます)

今年のSHOCKは例年になくファン以外の人(有名・無名に関わらず)の、
高い評価の声を聞きますね。やはりNHK効果でしょうか。
私の行った回も男性の方がいつも以上に見受けられました。
光一さんの、テレビでは見られないある意味「真の姿」を、
出来るだけ多くのファンじゃない人にも見て貰いたかったので、
一昨年からの光一さんを取り巻く流れは喜ばしいです。
この調子で今年後半、そして来年に繋がるといいですよね(^_^)
その為にも、光一さんも光一ファンも、
共に毎日を元気に、そして憂い無く過ごして行けますように。


>美芙美さん
hashtagsjpの仕組みを教えていただきありがとうございます。
そういうことになっていたんですね。
でも仕組みが分かれば微力ながらも自力でどうにか出来そうなので、
見守って行けたらいいなと思います(^_^)/
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
>ロッソさん
未来 | URL | 2011-02-28-Mon 01:09 [編集]
ホテルで王子な光一さんに出会えて良かったです♪
あと、SHOCKの感想ありがとうございます。
全部に頷きながら読みました。
オープニングのシーンでは私も気付かなかったです(^_^;)
今年のリカちゃんのことも、オーナーのことも全部同感。
あと、シャリーンのあの音についても、太鼓のことも。
まるで私の感想かと思う程で何だかとても嬉しくなりました。

ところで私がこの前観た席は、ロッソさんと同じかその近い席かも。
あの場所は観易いし、光一さんの気配を一瞬とは言え
間近に感じられていいですよね♪

舞台はソロコンと違って、
ロッソさんが仰るような光一さんの色んな「声」を楽しめるのがいいです。
だから今後も光一さんにはずーっと舞台に立って欲しいと思います。
>maiさん
未来 | URL | 2011-02-28-Mon 00:53 [編集]
もっと口調を柔らかくして、言いたいことをもう少し抑えなければと思うんですが、
(これでも抑えてはいるんですけどね^_^;)なかなか難しいです。
でも、こんな私の言葉にすっきりしていただけて嬉しいです。
私もDVDを見つつ、今後の光一さんのソロ活動を楽しみに待ちます♪
さっそくのお返事コメントありがとうございます。
mai | URL | 2011-02-27-Sun 02:04 [編集]
あいかわらず(^_^)の男前なコメントに、少しすっきりさせていただきました。
ありがとうございます。
さっきほんの少しDVDの映像が見れましたが、NONEさんの言葉とDVDで次回のソロを楽しみに待つことにします(^_^)。
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。