• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
光一さん1人ラジオ(メール紹介部分)
2011-03-22-Tue-09:51 コメント : 0
(ジングル)

さて、皆さんから届いたメール紹介していきます。
やはりこういう時ですのでね、震災のメールがやはり多い訳ですが、
山形県のさよさん、17歳の方からです。

『今地震の影響で全国各地で大変なことになっておりますが、
山形市は約30時間停電しました。
夜はダルマストーブで温まり乗り越えました。
心細かったですが10歳の弟とキンキの曲を歌って元気を出しました。
光ちゃん剛君ありがとう。早く被害が収まるといいですね』

ね、約30時間の停電。やはり電気がないというのは本当に怖いですよね。
逃げるにも暗くて逃げられない状況も考えられますし、
震災前の、当たり前だったような生活というものが、何か改めて、
あぁ幸せの底辺というものは何だったのかなぁというようなことをね、
改めて考えさせられる、日々でもあるなぁと、いう風に思っております。
そして東京都のれなちょびんさん。

『停電の時間、家族でトランプしました。
いつもはテレビやパソコンで会話も少なく
みんなが同じ所に集まることもないけれど、
計画停電の時は石油ストーブつけて仏壇用のろうそくをつけて団欒をしました。
私の住んでいる所はそこまで被害がありません。
現地の方は本当に大変な思いをしていることと思います。
何か少しでも笑顔になれることがあるといいなと思い
このメールを送ってみることにしました』

ね、停電の時は、先ほども言いましたが非常に不便だし、
怖いなという気持ちもあるけれども、れなちょびんさんはね、
その中でもなんか改めて家族が集まることの大切さということをね
そういったものを感じてる・・時なんですね。
これはとても素敵なエピソードだと思いますしね、
本当にこうしてみんなが協力しあえること、
誰かがいるから自分は生きて行けるんだ、
安心も出来るんだというようなのをね、気付かせてくれる。
まぁ勿論、んー、こういった状況だから、
じゃなくても気付いて行きたい部分ではあるけども、
そういった状況の中でも何か、希望の光というか、
そういったものを見つけるのはとても大事なことだと思うんでね、
僕も含めてそうですけども、本当に、先ほども言ったように、
僕らとは比べ物にならないぐらい
本当に不便な思いをしていらっしゃる方が沢山いると思うのでね、
僕自身も、ものすごっいっ節電してますねー!
でもやっぱり本当、自分に、出来ることはね、
本当にそう言ったちっちゃな努力が大きな力になっていくと思いますし、
していかないといけないなぁと思ってるんでね、
徹底して自分もやっているつもりでは・・ございます。はい。

というわけで番組で紹介するお便りお待ちしております。
ハガキの方は〒105-8002
文化放送 KinKi Kidsどんなもんヤ!まで。
メールの方は、kinki@joqr.netです。

==========
続き
光一さん1人ラジオ(歌~エンディング)
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。