• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
2010年7月 Endless SHOCK 感想
2010-07-23-Fri-15:01 コメント : 2
頭の中ではまだごちゃごちゃしてますが、
とりあえずその時思ったこと、
今思っていることを書いておきます。

7月のSHOCKをまだ見ていない方、
もしくは7月のものしか見ていない方は
以下は見ないことをお勧めします。

では以下、Endless SHOCK 2010年7月の感想です。




7月6日夜の部。
これが私の7月SHOCKの初見でした。

申し訳ないけれど、最初から期待はしていませんでした。
ライバル役が変わることの大きさは半端ないと思っていたので。
しかも雑誌等を読めば読むほど不安は募るばかり。

殺陣は勿論のこと、ダンスも太鼓も何もかもが初心者レベル。
それなのに時間が無い。せめて半年の準備期間があればいいけど、
1ヶ月。たった1ヶ月で一体何が出来る?

更に舞台には大事なビジュアルバランスも期待出来ない。
だって内君、大き「過ぎる」んだもの。
彼が光一さんの隣に立って、バランスがいい訳が無い。

===

そんなお先真っ暗な中、幕が上がり、いつもの音楽。
そして光一さん登場。

その瞬間、不安は忘れて光一さんのキラキラした姿にうっとり。
帝劇に来たな~。SHOCKに来たな~と気持ちがハイになった為か、
オープニングでは、ライバル君は眼中に無し。
ようやく視界に入ってきた頃には歌を歌っていて、
「歌は上手いなー♪」とちょっとした安堵感すら生まれました。


が、そのままで終わるはずはなく。


芝居部分で、はぁ・・と溜息を吐き、
更にダンスで、駄目だ・・と肩を落とす。
身長差も予想以上に大きくて(米花君より大きい)、
カンパニー全体としての中でのバランスが悪い。

光一さんの背の低さと内君の図体のでかさ、
両方の悪い所が強調されていて、二人が近づく度に何だか苛々。

内君が姿勢をよくしてくれたら、
お互いの短所は一気に長所になり得るのに。
小さいながらもその技量と華で魅せるコウイチと、
長身で舞台映えする自分の姿に自信満々なのに、
ステージではコウイチばかり注目を浴びることが不満なウチ。
そんな感じで。

そして何より、一番危惧した殺陣。
もう「案の定」と言うだけ。

でもここでもしつこく言うけど、
彼が悪いとは全く思わない。悪いのは事務所。
1ヶ月の稽古で初心者をSHOCKの舞台に立たせた事務所が悪い!
彼はそんな中、へっぽこだけど頑張っていた。そう思いたい。
(体力的にバテバテで頑張るも何も無いような状態に見えたけど-_-)


内君の武器を屋良君の使っていた二刀流から両刃の大長刀にしたと、
光一さんがアイドル雑誌(WU)で言ってたけど、
それはある意味正解。そして不正解。

殺陣が出来なくてもいいんだよね。
内君が棒を振り回せば、
光一さんがその棒に立ち向かってくれるから。

でも、コウイチ一人が頑張ってるようにしか見えなくて、
まさに風車に立ち向かうドンキホーテ。
屋良君と対峙した時のような緊張感が皆無どころか、
どこか悲しさすら漂う。

一幕最後のシーンでは、
そこに血まみれになって転がり落ちて行く意味すら分からなかった。
しかも、コウイチではなく、光一さんにしか見えなかった。
何故、光一さんがこんな目に遭わなきゃいけない、と。

二幕以降はもう、内君を見ないように努力。
前の人の頭も利用して光一さんだけを見るように努力。
そんな舞台、ちっとも面白くない。

だけど、光一さんは素敵で格好良いんですよ。
心が沸き立つくらいに何もかもが格好良い。
光一さんだけを見たい。
物語なんてどうでもいい。
とにかく今は、光一さんだけを見ていたい。

光一さんが望まない客に成り下がってる。
こんなに悲しいことってない。

===

3月にEndless SHOCKの完成形を見た時、
光一さんの舞台をMASKからずっと見てきた私としては、
ジャニーズの舞台だけど、他のステージに負けず劣らず、
いや、むしろ誇れるくらいの最高のエンタテインメントのステージ、
そう思えるものに辿り着いたと思っていました。

それが今、目の前にあるのは、ただのジャニーズの舞台。
好きな人が出ていればそれでいいだけの、
わーきゃー言ってはい、おしまい。
それだけの舞台。

光一さんが10年かけて辿り着いたものが、
事務所の意向一つで無惨に崩された。
それが悔しくて、夜の海ではその悔しさに涙が出るほど。

そんな涙なんて流したくなかった。

内君だって時間をかけたらきっともっといいものを一緒に作れたに違いない。
だってその後2回見たけど内君は少しずつ、本当に少しずつだけれど、
良くなって行ってるから。
それに、光一さんと一番対比される"why don't you~"のダンスは、
普通に見られたもの!
(でもそこで内君のHPゲージが1になって真っ赤に点滅するんだけども-_-;)

もし1年間きちんと稽古を積んで、
内君の身長でも違和感の無い内容にして新しいSHOCKに出ていたら、
彼の達成感はどれだけのものだったか。
その場所に自分の好きな人が立った時の姿を見られるファンはどんなに幸せか。

3月のSHOCKで味わったあの幸福感を
内君と内君のファンにも味わって貰いたかった。
そして光一さんにも妥協することのない舞台に立って欲しかった。

===

来年も帝劇100周年の記念演目の一つとしてSHOCKの上演が決まったけど、
光一さんだけを見に行く為の舞台になりませんように。
帝国劇場という大きな舞台での他の演目同様、
見終わった後に友人達と光一さん以外の部分でも語ることが出来るような、
そんな舞台でありますように。

植草さんのアドリブやり過ぎ!とかそういう話題じゃなく。
(アドリブ部分に関しては、内君より存在が疎ましいとすら思う時がある-_-)


あ、あと一つ。
きちんとした演出家を付けようよ。
完成形となった3月のEndlessを超えるには、本物の演出家が必要。
皆でワイワイやってられるのも限界があるって。

本物の演出家を付けて、これ以上無いくらいのステージを見せて、
帝劇100周年でEndlessを終了。そして蜷川さん演出で新作。
それでお願いします。

光一さんの外部の舞台に出たい欲求を押さえつけている事務所は
それくらいのことはしてあげて欲しい。
SHOCKの新作を蜷川さんにお願いすることくらい出来るよね?
あの事務所の力を使えば。


===

以上、長々と鬱々とした感想をお読みいただきありがとうございました。
7月のSHOCKを今から初めて見る方が、
ついうっかりこの感想を読んでしまったという場合のフォローとして一言。

SOLITARY最高!

回数を重ねて当然、進化してます。
女性扱いの色気は皆無ですが、
それ以外の部分の色気と格好良さは半端ないです。
それだけに12,000円。全く惜しく有りません
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
>たつみさん
未来 | URL | 2010-07-25-Sun 16:46 [編集]
> 素敵な舞台だからこそもっと光一さんが求めていることを自由にやって欲しいな。と思うだけです。

ですね。私も何だかんだ言ってますが、
Endless SHOCKが大好きです。
新作は見たいけどEndlessが全く無くなるのは寂しいから、
数年に一度くらいはして欲しいな~って思うほどに。

ところで、私は結構吹っ切れてます。
いえ、不満が無くなったとかそういう意味ではありませんし、
お会いすれば愚痴も零しますが、それでも今回のSHOCKも意味のあることだった、
そう思えるようになりました。

舞台を見ていると内君が頑張ってるのはすごくよく分かるし、
彼なりに悩んでいるのも分かるので、舞台としての完成度はお話しにならなくても、
今後、一人の人間の意識を変えていくのは間違いないと思っているので。
そのことはジャニーズ事務所の看板を背負って立つ光一さんにとって、
喜ばしいことではないかな・・と。

舞台に立つ堂本光一のファンとしては報われていませんが、
堂本光一という人間を好きな身としては報われている。
今回はそう思ってます。
いろいろ思いますね。
たつみ | URL | 2010-07-24-Sat 13:30 [編集]
やりたいけど、できない。そんな舞台なのかもしれませんね。
いま改めて考えても、いろんな壁があり、なかなか前に進むことができないのかもしれません。
素敵な舞台だからこそもっと光一さんが求めていることを自由にやって欲しいな。と思うだけです。

来年もあるそうなので、見守っていきたいです。私もまだ整理ができない状態です。
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。