• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
週末は光一ファンの友人達と箱根方面で一泊。
お風呂と美味しい食事と、光一さんのDVD鑑賞。
(勿論、IN&OUTでは皆で首振り)

翌日は小田原方面の友人達とも合流して、
美味しい飲茶ランチ。更に夜は妹宅で夕食会。
姪や甥と戯れたりもして、
癒され三昧の充実した週末を過ごしました。

ちなみに光一ファンばかりでのランチでは、
元は全員Gファンだったので昔懐かしい話も登場。

台湾コンのチケットを譲ったのがきっかけで知り合った友人もいて、
(しかも現地で初めて会った。今思えばお互いチャレンジャー)
台湾の話は勿論、お店の一部を貸し切るくらい大人数で飲み会をしながら、
その日が「伝説の名古屋コン」だったが為にお通夜のようになってしまった
光一ファンの今では二度とあり得ない出来事の話などなど。

「昔の飲み会ではいつも隣寄りの方が多かったのにね~」
「20人以上いて光一ファンは4人しかいなかったよね」
「それが今じゃ・・ね。光一ファンばかり(笑)」

そして最終的には「光一さんのソロコンに行きたいね」
そんな話になり、「次回は帝劇で!」と別れたのでした。

元はGファンだけど申し合わせたように皆同じような時期に
オンリー化したおかげで、ほとんどが友人のままで
こうやって時々会って懐かしい話題で盛り上がり、
そして光一さんのソロコンの思い出も同じように重ねて行ける幸せ。
改めて光一さんのファンで良かったなぁ・・と思う一泊二日でした。
楽しかった♪


では、以下拍手お返事です。
>みかんさん
Gファンなのに私のブログを見て下さってありがとうございます♪
私は隣ファンのブログは勿論、Gファンのブログも一切見ません。
その方達が何を仰っていても、光一さんの活動には何の影響も無いですし、
私には戯言にしか聞こえないので全く気にする必要なんてありませんから(^_^)
だから「一緒にしてすみません」などと謝らなくていいですよ~。

ということで、ご丁寧な謝罪を返却する為にきちんとお返事しなければと思い、
以下、長々と書かせていただきます。

そもそも、私が気が進まないながらもGが出演した番組を見たのは、
「光一さんが見たいから」それだけ。
隣の人の言動も否応無しに見聞きすることになって、
結果、不愉快にもなりますが、見る最初の動機は「好きな人を見たい」
それだけのことです。

みかんさんが気が進まないのに私のブログを見ているのは、
「光一ファンが何を言ってるか気になるから」
好きな人はここにはいないので、動機は純粋にそれだけかと。
ほら、違いますよね。

でも分かります。私もGファンの時はそうでしたから。
もやもやした気分がいつもあったので
Gファンじゃない人達はどう思っているのか気になっていました。
オンリーで一方を嫌う理由がどこかにあると思いましたし。

そしてGファン時代、色んな方の言葉を見て行くうちに、
隣オンリーが光一さんを嫌う理由は本能的なものというか、
「個人的趣味」ただそれだけのもので、
光一オンリーが隣を嫌う理由は、上記の理由の他に、
「嘘つきだから。しかもそれが光一さんの言動に関わるものだから」
「光一さんのソロ活動が制限される理由の一つとなっている可能性が
ゼロじゃない」そう思わざるを得ない状況が見受けられるから。
この二点も加わるんだな・・とぼんやり思っていました。

勿論、Gファン時代はそれに納得していませんでしたが、
オンリーになってからはそれを認めることで何もかもが腑に落ちて、
自分の中で全ての説明がついてスッキリしています。

まぁ、一番最後の理由は妄想と言われたらそれまでなので、
ここはそう思う光一ファン(私)のことを
「馬鹿じゃない?」と思って下さっていいかと思います。
隣の存在とGの存在が、光一さんのソロ活動に無関係である方が望ましいから。
無関係であれば、Gの新曲と光一さんのソロ曲の売上げが拮抗している現在、
今後は光一さんのソロ活動が充実していくことも期待出来ますし。

光一さんに関わらない部分での嘘や自己過大評価のみなら彼を嫌うことなく、
「また何か言ってる」くらいで済ませられたと思うんですけどね~。
そうすればGモノを一切買わず、Gコンにも行かず、
堂本兄弟も一切見ないという現状は無かったかと思います。

尚、蛇足になりますが上記の人達にあてはまらずに私が嫌う人達、
光一さんを悪く言う自称Gファンについては友人達ともよく考察しますが、
芸能人的に容姿が劣るぽっちゃり(←ここ大事。デブではなくぽっちゃり)な隣は
自己投影するには最適の人物。
しかも光一さんは非常に美形で細身(←ここも大事)、
才能豊かで皆に認められた人物。

少女漫画に出てくるような男前を下僕として扱うことで、
自己の優越感に浸ることが出来る、
そんな非常に歪んだ自己愛からくるものでは?と話しています。

多分、学校や職場で、多かれ少なかれ苛められたか、
浮いた存在となっていた経験がある人なのかもしれません。
私や友人のところに時々訪問される方をサンプルとしているので、
数は少ないからあくまでも仮説ですが。

これだけでは隣ファンに良いとこ無しになってしまうのでフォローを。
私が知っている隣ファン(Gファン時代につきあっていて今も隣ファンと
風の噂で聞く人達。ほんの数名)は、皆、性格が非常に良い人達でした。
きっと、性格が良過ぎて器が大き過ぎて、どんなに性格が悪い彼も
寛大な気持ちで受け入れて、
「私だけは見捨てない」と思ってるのかもしれません。
(光一さんを嫌わないのは、当然、光一さんには嫌うべき理由が無いから)

私は光一さんが好きで、寛大な人間じゃないので無理。
そんな訳で、こんなちっちゃい人間の戯言は、
今後は放っておいた方が時間の無駄にならないと思います。

これだけの文章を読まれたかどうか分かりませんが、
読まれたら時間の無駄だったと思われたでしょ?
Gファンである以上、きっと不愉快になられたでしょうし。

もし不愉快にならず読めたとしたら、
「戯言」と笑って放っておけたとしたら、何の不安も無い証拠。
安心してGファン活動をお続け下さいませ♪

光一さんのソロコンで隣の名前をコールして、
「光一オンリーに勝った」だの、
「光一と光一オンリーの邪魔が出来た。ざまーみろ」と
ブログに乗り込んで嫌がらせをするようなGファンや隣ファンと違って、
私のような光一オンリーファンはGコンに行かないので、
(↑私と違うタイプのオンリーファンは知りませんが)
GやGファンの邪魔になることも迷惑をかけることもありませんから。

末筆ながら、謝罪を改めてお返し致します。
そして、私の頭の中をまとめられた有意義な時間を過ごせたことを感謝します。
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。