• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
華胥の国に遊ぶ、というより悩む。
2011-07-15-Fri-21:39 コメント : 0
もの凄い睡魔に襲われてうとうとしていたら、
たった30分ほどの間に夢を見ました。

光一さん所属のGの陰のメンバーとなって
光一さんの精神的負担を軽減すべく奮闘するという、
この設定ならその後に恋愛展開でもあれば少女漫画のようだけど、
光一さんに対して恋愛感情一切無しの私がそんな夢を見る訳もなく、
(三十路過ぎて芸能人に恋愛感情なんか持ってたら気持ち悪い(-_-))
「陰」というだけあって世間一般の皆様からは
本当に姿が見えず、楽屋に入った途端実体化するという、
どちらかというとアメリカンコミック的なそんな夢。

数ヶ月分ほどの時間の経過を夢の中で過ごし、
博多座公演についてどうするか、
「このままじゃやっていけないよ!」と、
事務所やキャスト諸々に憤慨しながら
町田君と相談している所で目覚めました。

そのときに光一さんを交えて話をしたかったのに、
探しても探してもいなくて、
町田君と二人で「光一さんがいない(T_T)」と嘆いてた。

夢の中でも光一さんに会えなくなるなんて・・と、
目覚めた瞬間、とても切なく悲しい気持ちになりましたが
脳みそがクリアになってくると、
こんな夢を見る程に光一さん欠乏症な自分に呆れると同時に、
こんな夢にまで出て来る町田君に脱帽。

光一ファンの夢の中の光一さんをも捕捉しようとする町田君。
凄いよ!


======
では、以下拍手お返事です。
あ、その前にツイッターで出回っていた情報を。

7月29日発売 角川マガジンズ
「芦屋・夙川・苦楽園ウォーカー」
↑これに光一さんのインタビューが載るそうです。

ソロのお仕事は貴重なので本屋で早速予約してきました。
雑誌名をクリックしたら角川の通販サイトの当該雑誌注文ページに飛びます。
ただ、発売後じゃないと購入出来ないようなので
確実に手に入れたい方は本屋さんへ。
(書店によっては予約を受け付けてくれない所もあるようなので、
チェーン店の大きな書店がお勧め。
その際、ISBNナンバーを控えておくと良いです)


======
拍手お返事
>エフさん
>『無駄っ!』と光一さん口調で思ってしまいました
ありがとうございます。
この一文で光一さんの男前な姿と声を脳内再生出来て楽しくなりました。
無駄ですよねー。諦めて思う存分語ります(^_^)/

ところで先日はソロデビューの日でしたね。
毎年きちんと音楽的なソロ活動をしていると祝いたい気持ちになるのですが、
光一さんの場合は毎年じゃないので何となく何も言わずに過ぎてしまいました。
それに、エフさんのようにその時を知らずにいて、違う何かをきっかけに
光一さんのファンになった人もいるので、そういう方々にとっては
その日が記念日かな~と思ったり、光一さんは絶えず「今」が素敵なので、
過去は私にとっては素敵な「思い出」にしか過ぎないので、
『音楽的ソロ活動が無い年の』記念日は、
私にとってはあまり重要じゃないな・・と思ったり。
(事務所が何かお祝い事を企画してくれたら思う存分祝いますが^_^;)

でも、この日をきっかけに普段は声を出さない光一ファンが
ラジオや事務所に葉書を送ったりして、
公に声を出すのは良いことかな、とは思います。
ただブログを持っている人、皆が皆それを言ってしまうと、
それがファンへの強制にならないとも限らないので、
私のように何も言わない人がいてもいいかなーと。

>知らない頃を遡り、過去に嫉妬してしまう自分もいるけど
>『今』気付けたからこその楽しみ方は、それはそれで楽しい♪

本当にそう思います。「堂本光一」という人の存在を知って、
その男前な生き方に気付けた瞬間があるからこそ楽しいんですよね。
その瞬間は人それぞれなので、各自のその瞬間を大事にして、
これからも光一さんを、それぞれのペースで応援出来たらと思います(^_^)


>もかさん
F1は私も光一さんほど詳しく無いのですが見ているととても楽しいです。
アロンソは確かに「強い」イメージですね。
優勝しなくても、表彰台に乗らなくても、マシンの性能以上の力を発揮して
チームにポイントをもたらす。精神力の強さが無いとそれは出来ないと思うので、
その部分でも光一さんに似てるな、って思います♪

そしてトマト缶。
お母様・・という話もあるみたいですが、何となくトマト缶=彼女。
私はそう思いました。
そうあって欲しいという願望が強過ぎるからかもしれませんが^_^;

>「遠慮しないでガツンといって」といつも思います。
思いますね~。女子に対してもっと色気を出してガツンと!
ロミオとジュリエットのキスは勿論、ダンサーさんと絡むようなダンスも
もっと男女の色気を出して(T_T)と嘆かわしい気持ちになります。

共演した女優さん達は皆、どんな恋愛場面もこなせるようになってるのに、
光一さんの場合、1人で踊ってる方が色気があるってどういうこと?!と思う程。
男女の絡みに色気が無いのはエンタメとしては致命的なので
光一さんには色んな恋愛を経験してもらって、
それを舞台や楽曲に反映して欲しいです(T_T)
(satomiの陳腐な恋愛観の歌詞にNOを突きつけられる程に)
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。