• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
2012堂本光一コンサートツアー"Gravity"横浜10/7 昼公演
2012-10-07-Sun-22:59 コメント : 0
取り急ぎのレポ。これだけは、という光一さんの言葉を。

横浜初日にジャニさんが来て事務所に入って初めて褒められたと。
MCまで褒められて(「スキが無い」と褒められたとか)、
逆に怖かったと言いながらとても嬉しそうに報告してくれました♪

ソロでコンサートをするのは今回で何回目?と皆に聞いて、
「5回目か〜」ということで、
「数えられないくらいこれからも
沢山重ねて行ければいいと思います」

って言ってくれたー!!!

今回はアルバム制作が自分のせいで遅くなり、リハーサルもタイトで、
スタッフやダンサー、バンドに迷惑をかけたと謝罪。
そして、自分とこのステージを支えてくれているスタッフ皆に感謝したい、と。

「でも何より、アルバムを出すのか出さないのか分からず、
光一君は何をやってるんだろうと不安に思って
待っていてくれた皆さんに感謝」
と。

光一さんがさらっと「曲が出来なくて(笑)」「腰が重くて」と言う裏で、
どれだけ苦悩していたのかが想像出来る、そんな言葉でした。
光一さんはファンの気持ちを全部知っていてそんな中、
曲作りが出来ずにもがいていたんだと思うと泣けてしまった痛い自分。

最後の挨拶の時は「またお会いしましょう。多分」そう言うと、
客から「えー」のブーイング。
すると「おそらく」と言い直して会場のテンションが下がったところで
「また必ず会いましょう!」と言い直し、場内歓喜!

「BPMは皆さんが育ててくれたコンサートでとても手応えを感じたけれど、
今回はそれ以上の達成感を感じられる。
でもステージは変わって行くものだから、
このGravityも皆さんと一緒に育てて行きたい」

ステージを去る間際も「またおそらく会いましょう、おそらく!May be!」
と、苛めっ子光一さん(^_^;)
光一さんの意地悪に場内のテンションがまた下がると、
ステージのど真ん中に立って力強く
「必ずまたお会いしましょう!!!」と。

関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。