• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
2012堂本光一コンサートツアー"Gravity"福岡公演 その1
2012-11-27-Tue-19:32 コメント : 0
友人が既に楽しい福岡レポをあげていますが、
踊るオットコマエ
私も老後に読み返して脳内コンを繰り広げられるよう
きっちりレポを残しておこうと思います。

ということで"Gravity"福岡公演。
左右のスタンドが無い小さな会場の金沢を経験した後故に
会場がとても広く思えましたが、そんな会場でもお客さんで一杯。
本来のオーラスだったとは言え、
平日の地方13,000人のキャパを埋めるって凄いよ。光一さん。

ちなみに近くのサンパレス(キャパ2,300人)では氷川きよし君がコンサート。
あの日は年齢層高めの女性が福岡でワーキャーしてたんですね。
平和な日本万歳!

では、今回は本来のオーラスだったということでセットリスト順に。
MCの内容についてはあくまでニュアンス。
読み易いように「 」で書いていますが一言一句正しい訳じゃないので、
その辺りはご了承下さいませ。
以下ネタバレ注意(*)。
*大阪振替公演まで内容を知りたく無いという人がいないとは限らないのでこの言葉は書く。

==========
===
===
1.Danger Zone
福岡で初見の人がいるのは当たり前なんだけど金沢や他の会場より
ドットが点灯した時や光一さんが現れた瞬間の驚きの声が多かったかも。
アリーナ前方だとセンターステージでのダンスは背中を見るだけになるけれど
光一さんが踊る姿はどこから見ても隙が無くてキラッキラ輝いていて綺麗♪

2.Fallen Angel
この曲は歌いこなして行くうちに色気が増して来たなーと。
昔の光一さんだったらちょっと変な歌い方の癖が出そうな曲なのに、
それも無く素直に歌っていて上手くなったなぁ・・。
CDの声より好きだからライブCD出して。
間奏部分の手を思い切り振り払うような振りの時に
「振り払われたい!」と思う自分がアホだなーと思いつつ、
曲終わりの光一さんの男前な「皆さん今晩は!」の声を聞いた瞬間我に返り、
思い切り「こんばんはー!」と叫ぶ。

3.Bad Desire
衣装がまた変化してました。両肩にあったガメラが片方だけになって、
オーロラのフィルムも剥がされてた。大阪は一体どんな形に落ち着くんだろ?
仙台の時に戻して欲しいんだけどなぁ・・。
しかし、衣装はどうあれこの曲の歌とダンスの色気は群を抜いてる。
BPMの時は身体の芯が前のめり状態だったんだけど、
トラビスいや、ステイシーに鍛えられたせいか芯がぶれることなく
綺麗に真っ直ぐになったおかげで安定感も増して瞬間的に切り取っても美しい。
(↑自分の脳内記憶が動画じゃなく写真の集合体なので一時停止させ易い)

4.JAM ~Freaky Night~
歌い始めに「Come ON!」って言ったー!
いや、いつも言ってるんだけどこの声が好きでドキドキする瞬間。
格好良い(>_<)
札幌で「印象に無い曲」なんて言ってた私に土下座をさせてやりたい。
後のMCで屋良君に暴露されていたけれどこの曲で振り付けを間違えた光一さん。
言われるまで気付かなかったけれど、脳内巻き戻しをしたら
確かに私の好きな(投げキスするみたいな)振りの回数が多かった。ラッキー♪

5.Lost World
この曲を正面近いアングルから見たのは札幌でしか無いので
一度でいいから真正面下から見てみたいなー。
光一さんがセンターステージで苦悩してる感じの振り付けの時を。
ということで、ブルレイの時にはそのアングルでお願いします。
あ、でも女性陣の間をすり抜けて行く時は横アングルで。
今回、歌声も振り付けも色っぽいのが多いなぁ・・と、
レポを書いていて改めて思う。

6.Deep in your heart
この曲まで来るとダンスも歌もかなり辛いと思うんだけど、
手を緩めないどころか動きの勢いが増す感じ。
光一さんがくるくる回る時に飛び散る汗の量がもの凄いけれど、
それも光が飛び散る演出のように見えて綺麗。

MC.1
「20分ほど休憩を下さい」という定番化した言葉で始まったかと思えば、
すぐに「はい、解散」と何故か解散を命じられた。当然「えー」のブーイング。
金沢の時も思ったけど、光一さんが学校の先生っぽいのは座長経験が長いせい?

「本来の最終日は今日ですから」とこの日がオーラスだったことを強調して
場内を盛り上げようとしてたのは、福岡は大人しい感じだったからかな。

「福岡には一ヶ月滞在していたので空港に来た時に『帰って来た』と思った。
たった一ヶ月で福岡面してんじゃねーよと思われるかもしれませんが(笑)」
と言ってたけど「福岡面」っていう言葉が面白くて覚えてた。
光一さんの福岡愛はこれに留まらず、
「マリンメッセは近からず遠からずの距離感で好きですねー」とも。
横アリの次に好きな会場っぽい。
でもその理由に「近く無い」っていうのが入ってるところが光一さんらしい。

「近かろうが遠かろうが見てませんけど!」という言葉の後に、
今年のツアーでは恒例となってきたコール&レスポンス。
光「横のスタンドの皆さーん♪」
客「わー」
光「大丈夫!見えてなーい♪」
客「えー」
光「奥のスタンドの皆さーん♪」
客「きゃー」
光「見えてないよー♪」
客「えー」
光「一番前の皆さーん♪」
客「んぎゃー」
「見てない!」
客「ゔぇー」
このやり取り大好き。

何の流れか忘れたけれど(自分のファンの年齢層が幅広いっていう話から?)、
「最近よく分からない言葉が多い」と言い出し「『やばたん』って何?」と
私も友人も、その周囲も「???」で無反応な場内。
「聞いた俺が馬鹿だった。そんなに会場若く無かった!」と笑う光一さん。
そして「冗談ですよー」と一言。いや、フォローになってないし(^_^;)

若い子もいたけれど、光一ファンはそういう流行言葉に乗らない子が多いから
皆、ポカーンだったんだと思うよ。
調べたらちょっと頭の悪い子が使う言葉っぽいし。

微毒な感じのトークが続いた後に来年は博多座に来るということで
「SHOCKは喋りも何もかも劇場仕様だからこんな喋りはしない」と。
「本当の僕もこんなんじゃないけどね!」
「貴方達は本当の僕を知らない」
「本当の僕を知っているのはパンだけ。裸の僕も知ってる。
僕の僕も見てる。でんじゃーぞーん」

と、この日のオチ用"Danger Zone"が出て来ました。
光一さん、ほんっとに好きだな。この用法。

そういえばこの日は"Danger Zone"1曲でキンキ3公演分と言ってて、
横浜の時より2公演減ってる。やっぱり体調が悪いんだ・・と思いました。
光一さん、そういう部分で正直者だから(T_T)
でもそう言った後に毎回、
「キンキは手を抜いてる訳じゃないですよ!一生懸命ですよ!」
と必死になってる時の表情も正直者だから「言い訳しなきゃ!」な感じで
ソロコンとキンキコンどっちが楽しいかが丸分かり。
解散したらそんな言い訳もしなくて良くなるんだから、楽になろうよー。

途中、マッチの話が出て来て、
「ミッドナイトシャッフルを歌ってた時マッチさんは32歳、
今の僕はその1歳上。まだまだキラキラでいたいと思いまーす♪
と言った光一さん。キラキラしてる自覚あるんだ!と嬉しかった。
ソロコンの良さは光一さんの自信が増していくところにもあるなぁ・・と。

7.invisible
このタイトル、仙台くらいから噛まずに言えるようになったんだっけ?
でも「インビジブル」とカタカナ英語で言う光一さんが何だか可愛くて、
男前な光一さん好きの私でもちょっとキュンと来る。
で、札幌で「この曲はいいや・・」と思った自分、もう一回土下座しろ。
シェケマハー最高!
↑友人(踊るオットコマエ)にも土下座しよう。
あの時はシェケマハー?何言ってんの?とすら思ってたのに、今じゃこれだから。

昔は光一さんの音の前に時々「っ」が出る歌い方が大嫌いだったんだけど、
今回のツアーではその「っ」が嫌み無い音というか、寧ろ色っぽいというか、
柔らかい音になっていてとてもいい!
弱点を長所にする日がくるなんて思わなかったよ。光一さん、凄いよ(T_T)

8.IN & OUT
"Show me what you got"のシャウトがもう男らしくて格好良くて
お願いだからこの日のこの声をブルレイに入れて下さい。
私が聞いた中で一番のシャウトっぷりだったよ!多分!

9.VANISH
ドットイメージが綺麗だなぁ・・と見とれてる内にSlave of Loveに行く感じ。
歌声は覚えてるんだけど光一さんの姿が記憶に無い。
今回のツアーでは真横や背後から見ることが多いからしょうがないんだけども。

10.Slave of Love
この曲の振り付けがアドリブだと知ってから、
光一さんって振り付けの才能もあるんじゃない?と。
いつか作詞作曲振り付け、全部光一さんのも見たいなぁ。

11.妖〜あやかし〜
安定感が半端無い曲。
近田春夫さんが絶賛するのも納得のクオリティの高い曲だから、
セットリストの芯になって全体を支えていられるのかな、って思う。
このダンスも身体の芯が真っ直ぐになってから色気が増したなー。
特に横から見たときの動きが最強なんだけども、
この日は背後からだったので見えない部分を脳内で補完。

12.+MILLION but -LOVE
光一さんが近くに来たら思う存分叫べる曲。
そして光一さんがとっても楽しそうに歌っていてソロコンの楽しさに浸れる曲。
この曲が本編に無い時は、Wアンコールにこの曲が来たら嬉しい♪

MC.2
「一度座りましょうか」と言った後に「やっぱり立ちましょうか」とイジワル。
光一さん曰く、昔は「もう一度立ちましょう」って言ったら
「わー♪」とすぐ立ったのに今は「えー」と言いながら立たない人が増えたと。
(私は立つよ!光一さんに言われるがままに動くよ。首振りでも何でも!)
確かに、そういう人増えたよね。でもしょうがないよ。
帝劇の活動が長いせいで年齢層高めのファンがご新規でいるんだから。
若いファンを増やしたかったらテレビに一杯出てソロコンを沢山しなきゃ!

ジャニーズワールドの話になり、
「"supported by 堂本光一"とあるけれど何もしてない」と。
(結局、稽古をジャニさんと見に行ってアドバイスしただけ?)

そして乱入してきた時の様子を細かく話してくれる光一さん。
楽屋には光一さんの息子でもおかしくないような子供達が一杯いて、
「6歳の子だったらさ、俺が27の時の子ってことでしょ?」と溜息。
舞台の内容を言うとネタバレになるから駄目かな?と言うと
場内から「いいよー」と返事が返って来たので、
「いっか♪」と何だかとっても楽しそうに話し始めてた。

ジャニーズワールドではSHOCKのパロディがあり、
客席からのコウイチが登場シーンもあるそうなんだけれども、
そこはコウイチでもゴセキコウイチ君が現れるとのこと。
が、しかし光一さん乱入の日はそこで光一さん本人が登場。
ゴセキ君も光一さんがスタンバイして来ると知らず、びっくり。
「俺が来て驚いたのかあいつ、着ていたコウイチの衣装を脱ぎ始めるの!」
とその時のゴセキ君の真似をしながら楽しそうに思い出し笑いの光一さん。
しかし脱がなくていいのにコウイチの衣装を脱ぎ始めたゴセキ君の気持ち、
何か分かる(^_^;)

最後には「どうやって捌けるかなーと思ったら、3段くらいの階段があったから
そこから階段落ちして捌けた!」と。そうしたらジャニさんに
『ユー!やっぱり凄いよ!』って言われた!!」と大笑い。

尚、光一さんは事前にSHOCKで使ってる甲冑フル装備を準備するように伝え、
誰にも内緒でその場面で甲冑姿がで登場したんだとか。
着替える時は帝劇の幹事室(?)と言われる部屋を使ったらしいけど、
外に光が漏れないように真っ暗の中で着替えたらしい。
「ちげーよ!ちげーよ!左右逆じゃないかよ!」と、
必死な形相で着替えていたのを再現してくれていたけれど、
「出るからには一生懸命やらないと!」という光一さんは流石!

ジャニーズワールドの流れで、ミュージックステーションに出た時の話も。
ジャニさんから電話がかかってきて「ユーなんで帝劇来ないの?」
そう言われたけど「ミュージックステーションだから無理だよ」と光一さん。
するとジャニさんに「そんなのいいから、こっち来てよ!」と言われたとか。
ジャニさん・・キンキはもうどうでもいいんだね(-_-;)

山田君がソロデビューする話も。
「愛のかたまりを歌いたいって言うから、俺も剛も『どうぞー』って」
軽い感じでOKを出した様子に場内は「へー」という反応。
一部後ろの方でもの凄く小さなブーイングみたいな声も聞こえたけれど、
会場内のほとんどは「そうなんだー」というあっさりした感じの声。
光一さんは言った後に会場内の反応が薄かったせいか、
「あ、もしかして情報解禁前だった?」と慌てふためいて
「俺、時々爆弾発言するから(笑)」と。
でもお客さんに「大丈夫ー。知ってるー」と言われて「ほっ」としてた(^_^;)

MCのレポを書くのがこんなに大変なくらいペラペラ喋る光一さんなのに、
「MCが好きじゃないんです」と言い始め、「今度のコンサートはMC無しで」
そう言うとお客さんから当然、「嫌だー」の声。
「じゃ、MCだけで」というと拍手が。
そんな中、私と友人は必死で「嫌だー」と叫んでた。
他の会場では「MCだけ」って言われても皆ブーイングだったのに(T_T)
すると光一さん「オマエら何しに来てんだよ!」と笑いながらもご立腹。
(そうだーそうだー!そんなのキンキファンみたいじゃないか)
そして「MCだけでお金は取れません!」とキッパリ。
「僕はお聞かせしたいもの表現したいものがあるので」と。
光一さん、格好良いー(>_<)

ところでこの話の流れの中で「今度のコンサート、MC無しでもいい?」と、
昔は無かった「今度」の話が出て来たのがとっても嬉しい。
それに「ソロコン」というんじゃなく「コンサート」がソロ大前提なことも。
ソロコンはあって当然のものになったんだよね。光一さんの中で。

==========
長くなってきたのと途中ポータルサイトの緊急メンテナンスか何かで
バックアップが上手く取れなくて書いた物が消えて気力が削がれたので、
ここで一旦アップ。続きは気力が生まれたら(T_T)
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。