• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
**NONE**
堂本光一さんのソロ活動だけを応援しています。I hope for the dissolution of KinKi Kids.
スポンサー広告
スポンサーサイト
--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堂本光一
Endless SHOCK 2013 ネタバレ有りの感想 その1
2013-03-20-Wed-02:05 コメント : 0
今年のEndless SHOCKは今まで観た中で一番好きです。
でも完璧では無いと思っているので若干否定的な部分もありますのでその点はご了承下さいませ。

ただ、完璧なEndless SHOCKが出来た時にはそこでEndになると思うので、完璧じゃないものこそが"Endless" SHOCKとしては完璧なのかな・・とも思ったりします。だから「ああすれば良くなるのに。こうすればいいのに」なんて言葉があってもいいのかなーなんて思ったり。

ご自身の観劇の記憶を脳内で呼び覚ましつつも「あのシーンでこの人、そんなこと思ってたの?!痛過ぎる!」と笑いながら読んで頂けると幸いです。
では、どうぞー。
==========
以下、ネタバレ注意
*←このマークが付いた小さい文字はネガティブ感想
これを飛ばせばポジティブ感想のみ読めます。
========================

◆一幕◆
スクリーンに映るNYの街が最新に。そして画質が綺麗になっていてヘリで遊覧飛行してるみたいな気分に。夜景が綺麗で楽しいー♪

Scene1.Overture
例年通り、過去のSHOCKの映像がぼんやりした画像でお目見え。ほんの断片だけど、これを観るだけで今までのSHOCKの映像が脳内を駆け巡って胸が熱くなる。ジャニさんのトンデモ舞台をよくこれだけのエンターテインメントに磨きあげたよね・・と。光一さんが登場する前から痛さ全開。

そして光一さんが現れた瞬間、心の中でありったけの声で叫ぶ。「きゃー!」。
ニッコニコの光一さんの笑顔に釣られて自分までニコニコ。登場するだけで人を笑顔にするって凄いよ。

*ここで気になるのが今年の管楽器。頑張れー!どころか録音でいいよ・・と思うことが多々。2月当初はOverture前の音出しから酷かった。でもまぁ、3月18日夜には音として邪魔!と思うまでには至らず。まだ音を外すことは多いけどね(-_-)

新オーナーの前田美波里さん登場は圧巻。光一さんとは違う種類の大女優のオーラが輝いていて美しい。声量も大劇場に相応しく光一さんが学べる人がようやくこのステージに現れたことに歓喜。

Scene2.Off Broadwayのショー
オーナーが変わったことで、今まで光一さんがスタンバイする為のただの時間潰しにしか思えなかったシーンが意味のあるシーンになり、次のシーンへの期待感を高めるものになっていた。そのキャスト変更を光一さんが提案したんだと思うと感動。

パネルマジックは仕掛けは分かるけど、今までみたいにあからさまに分かるような仕掛けじゃなくなっていてこんな部分まで進化させてることにびっくり。車マジックも颯爽と赤い車に乗り込む光一さんが素敵で「ぎゃー!」。

衣装も大好き。裾がひらっひらしてるの大好き。ひらっひらで白とシルバーなんて高貴な組み合わせは光一さんの為にあるようなもの。美しいよー。

でも、車マジックのダンスが好きだったからそれが一切無くなったのが悲しい。掌を突き出しながら交差させて肩を左右に振りながら「どうだー!」みたいなコウイチが好きだったのに(T_T)

ちなみに毎年この車のシーンで徐々に光一さんがコウイチになって行く。私の中では。

Scene3.劇場のバックステージ
植草オーナーの時ですら大好きだった"Yes,My Dream"は美波里オーナーになってパワーアップ。ミュージカルらしいメロディで、皆が一つになっているのを感じられる明るい曲はいいねー。観ていて幸せな気分になる♪

ところで脚立に上がったコウイチが腕を真っ直ぐに伸ばして指差す振りは、(列に関係無く)1階ど真ん中の席だとまるで自分に指先ビームが飛んで来るような気がして(あくまでも「気がする」だけ)、自分の舞い上がり度が沸点に。あの瞬間、よく外国の犬がピストルで撃たれて倒れるフリをするみたいに私も倒れなきゃいけないんじゃ?!というアホなことを思ってしまう。

Scene4.劇場の屋上
コウイチの歌声にしみじみ・・としたいのにリカちゃんの声が主張し始める(-_-)これは敢えて大文字のままで。
このシーンを観る(聴く)度に、今年のリカが神田沙也加ちゃんじゃないことが悔やまれる。
妹に「今年のリカ、くいだおれ人形にしか見えない」と言われてからは今年は大阪公演があるということで「くいだおれ人形」がリカにキャスティングされたんだと思って自分を納得させてる。首から下げた太鼓を叩かれないだけマシだよ、と。

美波里オーナーがアドリブ無しでいきなり本題の話に入るのがいい!コウイチとオーナーの笑いになる部分もアドリブに見せかけて台本通りで無駄なシーンが無いのもいい。ただ、コウイチと仲間達のアドリブが増えて来たのは気になるけど。2月初めに観たくらいが丁度いいなー。

Scene5.Broadwayの街
オープニングのダンサーさんを含めたミュージカル的な配置が好き。
*他が洗練されて来ているから、ちょっと古臭いイメージは残るかなー。そろそろここも大きくリニューアルしたら面白いのに。

後半の歌は大好き!この場面の曲も「ミュージカル!」って感じで皆が歌い終わった後に思い切り拍手したくなる。いや、拍手してるけどもっともっと拍手したい気持ちになる。
*ただ、今年のリカの声が邪魔で・・。ブルレイになるならここだけ去年の沙也加ちゃんのに差し替えて欲しいくらい嫌かも(T_T)とにかく今年のリカは歌も芝居も前に出過ぎ。

Scene6.Broadwayの裏の路地
植草オーナーの時はこのシーンが嫌で嫌でしょうがなかったけど、アドリブ無く素敵なオーラを振りまく美波里さんのおかげで好きな場面になってきた♪植草さんの時には「あなたに言われたく無い」と思った言葉「周りが見えなくなったら御終い」、これが素直に聞けるようになって嬉しい。この言葉は一幕、いや全編を通して大事な言葉だから。

Scene7.World Adventure
アメリカ好きーーーー!!!ゴールドの衣装でその輝きに負けないくらいキラッキラしたコウイチが好き(T_T)このナンバーを観ている時の私の顔はもの凄い笑顔になってると思う。多分。
今年は「夢幻」のインパクトが凄過ぎて色褪せてしまったダンスナンバーがある中、"America"は色褪せないどころか安定しながらも輝きを増すばかり。

Jungleは直さんのリズムが好きで毎回楽しみ。光一さん以外の見所があるのもSHOCKの良い所っていうのを今年の舞台は思い出させてくれた。やっぱりキャスティングって大事。
*ただ、Jungleは地味にマイナーチェンジしてるけど一番最初の頃の方がいいな・・。衣装とかコンセプトは好きなんだけど、最近のJungleはあまりワクワクしない。

ヤラと山本、岸君の新曲は観ていて楽しい。心が弾む感じで好き。Jr.の知識が一切無いから岸君は全く知らない子だったけど、若いのに大舞台でしっかり歌って踊って感心するばかり。しかも動きに品がある。ファンになったらこの先の成長が楽しみでしょうがないだろうなーって思う。山本君は一生懸命なのは分かるけど、無駄な動きが多いような気がする。舞台に相応しいダンスを習得したら大きく成長しそうなんだけどな。彼の熱い芝居は好きなので頑張れー♪

*SOLITARYはトラヴィスのダンスナンバーが増えて来ると物足りなくなって来たかも・・。人間、贅沢を覚えると駄目だなー。でも、光一さんのダンスの時の悪い癖を直せばまたインパクトあるものになると思うから一度トラヴィスに全体のダンスの手直しというかアドバイスをしてもらえばいいのに。他人の振り付けには手を出さないルールみたいなのがあるのかな?

Scene8.バックステージ
このシーンも美波里オーナーのおかげでコウイチがまだ未熟なのが分かっていい!オーナーに「俺は違います!」って反発するコウイチに切なさと愛しさが増して観劇回数が増えるほどに、そんなコウイチが好きになる。

Scene9.Japanesque Show
今年の衣装最高。ウィザード様(友人宅でDVDを見せて貰った)好きの幼児にこの部分の映像を見せたら興奮しそうな気がする。今年のSHOCKを早くブルレイにして下さい。甥に見せたい。あ、でもSHOCKの前にグラコンのブルレイを。

2月最初に観たときは腰に挟み込んだヒラヒラをコウイチ自ら取ってたけどあれはアクシデントだったのかな?「ええーい!邪魔だ!」って感じで取る姿がとっても格好良かったなー。
その後観た時は、瀕死の敵が悔しそうに摑み取ってた。更にその後は、剥ぎ取るタイミングが違っていてそのヒラヒラを取った敵が匂いを嗅いで高笑いしてた。狂気じみた演技で迫力があったけど、聞く所によるとこれがデフォルトらしい。殺陣のシーンは皆が全力。だから、コウイチ以外の名も知らない人達を観ていても泣けて来る。

そして、コウイチが鉄砲で撃たれてから階段落ちまでの時間は言葉に出来ない。今までは出来ていたけれど、今年は出来ない。どんな言葉もあの時の自分の気持ちを表せない。表したく無い。言葉にするとあの時の気持ちが自分のものじゃなくなりそうで嫌。去年のSHOCKのせいであんなにも離れていた心が、こうまで変化するなんて思わなかった。

舞台の上で懸命に生きる光一さんと、それを見つめる自分。
階段落ちは好きじゃないけれど、でも、あれほど集中して好きな人を「思う」時間を持てるファンはそうそういないと思う。


==========
1000回記念前に二幕の感想も書きたかったけれどタイムオーバー。
後半は記念公演の後に。
記念公演の時の光一さんの様子もお知らせ出来るよう頑張ります。
関連記事
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 **NONE**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。